渋滞

中古車を下取りに出して、満足な査定結果を得るために

銀色の車

1、車の状態をしっかり把握する
まずは中古車の状態をしっかり把握する事が大切です。外装、内装などで評価はだいぶ変わってきます。査定スタッフが見る際に外装、内装でキズ汚れがある場合やはり減額されやすいと感じます。細かい、浅い傷などは自分で消してしまおう!とお考えになる方も多いと思いますが、ここに関しては買取業者の好みになります。一般のお客様がご自分で消せるような傷では減額なんてしないよっていう業者の方がほとんどかと思います。
2、走行距離で査定額が変わる可能性も
走行距離に関しては、の平均年間の走行距離は普通車約10,000kmで、軽自動車が8,000kmとされています。ここを基準に考えますので、年式の割りに走行距離が少ない場合などは買取金額アップに期待できるんではないでしょうか。あまり走行距離のない車でしたらなるべくお早目に下取りに出すことをお勧めします。
3、交渉は慎重に
査定スタッフは買取のプロです。まず一つ言えることは、嘘、ごまかしなどは通用しません。本当に高額で下取りに出したいのなら、ある程度は正直に話すことをお勧めします。買取金額を追いかけすぎて、スタッフに横柄な態度をとったり、虚偽の申告などをするとバレたときの方がリスクが大きいです。
正直に話して、結果を待ちましょう。

TOP